【スポーツメーカー】株式会社クレーマージャパン オフィシャルサイト
過去のディスパッチ記事

トレーニング

トレーニングの評価ポイント「スラロームジャンプ編」

これまでのディスパッチで、様々なトレーニング方法や器具を紹介してきました。目的にあったトレーニングを行い、効果を確認するためには、トレーニングの「評価」が重要となります。評価の目的としては以下のような点が挙げられます。 …

トレーニング器具を有効活用しよう

1990年代前半に日本に紹介されたSAQトレーニング。特にラダーやハードルなどの器具を使ったトレーニングが脚光を浴び、瞬く間に全国に普及しました。器具を使ったトレーニングは、様々な競技の特性に合わせてアレンジが可能であり …

器具を組み合わせたSAQトレーニング

夏の時期は、学校が長い休みに入って時間的な余裕もできることから、練習やトレーニングが盛んに行われるようになります。年間のトレーニング計画の中でも「準備期」に位置づけるチームも多いことでしょう。 準備期は、基礎体力やゼネラ …

「スピード」を高めるSAQトレーニング

「スピード」とは競技スポーツにおいて極めて重要な要素の一つですが、スピードとひと言で言っても、走るスピードや身のこなしのスピード、反応や判断のスピードなど、競技やポジション、その局面によって要求されるスピードの性質は異な …

強いチームを作る 大人数を指導するポイント

大人数を指導する時に、一人一人の選手を正しく評価して、個別にアドバイスをする時間や余裕は、なかなか作れるものではありません。また、同じチーム内でも選手の運動能力に差があり、できる選手とできない選手のどちらに合わせたトレー …

競技特性とトレーニング 特異性の法則

冬期トレーニングも終盤に差し掛かり、いよいよシーズンに向けてカウントダウンが始まったところではないでしょうか。皆さんのトレーニング計画は明確になっていますか? 準備期から試合期に入るためには、その間に「試合前期」と呼ばれ …

負荷のかけ方 過負荷の原則

冬期も中盤に差し掛かり、多くの選手やチームが、基礎体力の向上や弱点の克服に取り組んでいるのではないでしょうか。「冬期トレーニングが充実していなければシーズンで良い結果は出ない」と言われるほど重要なこの時期、最も避けたいの …

寒い時期の準備運動 ダイナミックフレキシビリティ

寒い時期は身体が温まりにくいため、夏と同じように準備運動を行っていても思うように身体は動きません。効果的に身体を温め、準備運動の質を高める方法の一つに「ダイナミックフレキシビリティ」があります。 一般的に「柔軟性」とは身 …

アメリカの学校体育の現状

USAスポーツレポート第2弾として、ジュニア指導者クリニック(日本SAQ協会主催)のために来日した、日本SAQ協会テクニカルアドバイザーのスコット・フェルプス氏に、アメリカの小中学生における学校体育の現状について伺いまし …

ピリオダイゼーション トレーニング計画

大事な試合や目標とする大会でベストパフォーマンスを発揮するためには、「計画性」が必要です。試合当日にピークの状態で臨むために、1年間をいくつかのシーズンに期分けして、短期的、長期的にトレーニングを計画することを「ピリオダ …

« 1 2 3 4 7 »

アーカイブ

トレーニング目的

    PAGETOP
    Copyright © 株式会社 クレーマージャパン All Rights Reserved.
    Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.