【スポーツメーカー】株式会社クレーマージャパン オフィシャルサイト

サイクルスポーツ事業部

サイクルスポーツ事業部


TABATA, Kenta
田畑 健太
法学部 法律学科 卒業
2011年4月入社

仕事の内容

サイクルスポーツ製品の企画開発、企画営業の責任者として働いています。企画開発については契約選手と契約チームからの意見を踏まえ生産部門とチームを組み、開発を行っています。企画営業については出来上がった製品を販売計画に基づいて取引企業やチームに対し営業を行っています。ユーザーから近いこと、企画開発から営業まで一貫して携わることで他社には無いスピードが私の売りだと考えています。

1日の仕事の流れ

08:40 出社
08:45 事務所掃除:自分が使う事務所は自分たちできれいにします
09:00 始業:事務所のメンバーとミーティングを行います。ミーティング終了後、メール/書類チェック、当日出荷分等のオーダー、顧客との打合せを行います。
12:00 休憩:美味しい物を食べて、午後の仕事に備えます
13:00 作業:スケジュールにゆとりのあるタスクに対応します。所員との個別ミーティングを行うことが多いです。また、各部署とのやり取りを随時行います。
17:00 当日の売上確認、翌日のタスク等を整理します。
18:00 終業

印象に残っている出来事

入社三年目に全国高校総体陸上競技において、担当するチームの選手が二冠を達成したことです。当時、会場には居ませんでしたが当社製のユニフォームが表彰台の頂点に立ったときには鳥肌が立ちました。その後、顧問の先生と選手からお礼の言葉を頂いたときのことは今でも忘れません。これが私の営業としての初の高校日本一でした。今は世界一を目指しています。

やりがいを感じる瞬間

スポーツメーカーで働いている以上、より良いパフォーマンスを発揮できるウェアの開発は永遠の課題です。契約選手や契約チームの方からの意見を参考にし改良したウェアを納品し、ユーザーから良い評価を頂いた際には嬉しさとやりがいを感じます。また、私はプロスポーツ選手も担当している以上、自分が開発するウェアが選手の収入に直結することを毎日意識して行動しています。

今後の夢や目標

①事業部の目的
サイクルスポーツに取り組む選手の夢と希望を叶える手助けをすること。
サイクルスポーツ界の活性化による雇用機会の拡大。

②事業部の課題
1.ジュニア世代の活動に対してより多くの支援を行えるように利益を伸ばす。
2.国内の自転車競技ウェアメーカーの中で一番になる。
3.協力関係にある方々が協力して良かったと誇りに思える会社にする。

③事業部の夢
ツール・ド・フランス、シックスデイレースで弊社のウェアが着用される事が普通になること。
「日本のサイクリングウェアメーカー=Cramerpro」とする。

問い合わせ先 TEL 048-527-1977 営業時間 9:00-17:00(土日祝休)

PAGETOP
Copyright © 株式会社 クレーマージャパン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.