【スポーツメーカー】株式会社クレーマージャパン オフィシャルサイト

足首

足関節内反・外反捻挫予防

A00
deni75

痛みのでる内返しと外返しを制限するように固定し、なおかつ底屈、背屈の動きに対する制限を軽減し、固定と動きやすさを両立できる巻き方を紹介します。

足関節の動きには、内返し(足首を内側にひねる動き)と外返し(足首を外側にひねる動き)、底屈・背屈(足首の上下の動き)があります。捻挫などにより下図の靭帯を損傷した場合、内返し、または外返しで痛みがでるときがあります。

A01
A02
A03

A04

足首にひと巻きできる長さで切る。2枚用意する。
A05

足の内側のくるぶしと外側のくるぶしの上部に合わせた長さでデニバンを切る。
A06

内くるぶしから足の裏をまわって、足の甲で交差し、外くるぶしの後ろに合わせた長さで切る。
A07

アンカーテープとして、デニバン(1枚目のテープ)を足首に巻きつける。
A08

デニバンの中央に踵を置き、両端を上に強くひっぱり、くるぶしの上を覆うように貼る。上端約1cmはひっぱらないようにする。
A09

足の裏にデニバンを貼り、外側のデニバンをはがし、足首の前面を横切るように内くるぶしの方向に強くひっぱりながら足首に巻きつける。
A10

同じように土踏まずを通って足首に巻きつける。
A11

最初に用意した残りのテープ(4枚目のテープ)を足首に巻きつけ完成。

問い合わせ先 TEL 048-527-1977 営業時間 9:00-17:00(土日祝休)

  • メールでお問い合わせはこちら
SSL GMOグローバルサインのサイトシール This seal is issued to www.cramer.co.jp by StopTheHacker Inc.
  • facebook
Copyright © CramerJapan,inc. All Rights Reserved.