読者の方から補食について質問をいただきました!

Q.
補食は何をどのタイミングで摂るのが良いでしょうか?
また1日に何度も試合(レース)がある場合、試合と試合の間は何を食べれば良いでしょうか?
質問者:高等学校 指導者 男性

目次
補食の目的を考えてみよう
補食を実践してみよう

補食の目的を考えてみよう

補食には、「エネルギー補給」と「リカバリー」の2つの目的があります

食品によってエネルギーになる時間が違います。状況に合わせて何を選択するかがポイントです。
すべて摂る必要はありません。
エネルギーゼリーや100%ジュースは即効性があるので素早く補給できます。
バナナは試合まで1時間空く場合に、おにぎりは試合まで2時間空く場合に有効です。

計算式を目安に自分にあった量を摂りましょう。何を食べたらいいのか迷った場合は、A〜Dのような小分けの補食の組み合わせを参考にしてみてください。

A〜Dのような食品は、試合後の差し入れにもおすすめです!
小分けの補食は試合時だけではなく、トレーニング後の補食としても適しています。

補食を実践してみよう

冷たいものやお菓子で済ませるのはNG。小分けの補食だけで済ませるのは△。いつも通りの昼食を追加できると良いでしょう!

「エネルギー補給」と「リカバリー」の補食を上手く選択しましょう

試合と試合の間に食べる補食は、リカバリーをしながら、次の試合のためのエネルギー補給をしなければなりません。
次に動き始める時間によって「エネルギー補給」と「リカバリー」の補食を上手く選択しましょう。



vol138 ディスパッチ
栄養掲載ページ