【スポーツメーカー】株式会社クレーマージャパン オフィシャルサイト

渡邉コーチが選ぶ球技系オススメトレーニング

  • HOME »
  • 渡邉コーチが選ぶ球技系オススメトレーニング

今週のピックアップ動画


素早いステップワークやジャンプなど、短い時間の中で大きな力を発揮したり、動きや方向を切り換えたりする場面では、その瞬間の姿勢のコントロール、つまりバランス能力が大切です。バランストレーニングは、不安定な環境下でトレーニングを行なったり、片足や両足での着地、しゃがんだり立ち上がったりなど、様々な姿勢でトレーニングを行うことがおすすめです。

バランス強化トレーニング

Bボール体幹強化トレーニング

ジャンプ動作のバリエーション2

ジャンプ動作のバリエーション3
9週目 3/8〜12


春先のシーズンに向けて、戦術練習や技術練習の割合も増えてくる頃ですが、ゲーム環境ではジャンプや着地、ダッシュやストップなどが絶えず繰り返され、いつの間にか体に負担が蓄積されてしまいます。バランストレーニングなどで体のコントロール力を高めたり、慢性的に起こる怪我への対処や予防、食事による体調管理など、体のコンディションにも目を向けて取り組みましょう。


片足バランストレーニング

膝関節障害のセルフケア1 メカニズム編

膝関節障害のセルフケア1 エクササイズ編

ウィークポイントを補食で克服

「免疫力」を高める

8週目 3/1〜5


ジャンプやダッシュなど、瞬間的に大きな力を発揮するためには、股関節の働きがとても重要です。股関節は体を支えながらも様々な動きをこなすので、大小いろいろな筋肉が関わっており、筋力はもちろん、可動性やコントロール能力も必要になります。また、体幹から下肢の連動性や安定性に問題があると、負担の蓄積による怪我が多くみられます。セルフケアも意識して取り組みましょう。


股関節の可動性を高める

股関節強化スクワットジャンプ

ジャンプランジトレーニング

股関節障害のセルフケア

クロスモーションエクササイズ

7週目 2/22〜26


ウォーミングアップでのランニングや、持久力をつけるためのランニング、スピードを高めるためのダッシュなど、練習の中で「走る」ことは誰しもが行なっていると思いますが、皆さんは「走り方」を意識してトレーニングをしていますか?走ることは移動の基本であり、正しい走り方を身につけることは怪我の予防にも繋がります。正しい走り方を身につけて、スピードアップを目指しましょう。


ボールのように弾む動作を覚えよう

接地と足さばきを身につけよう

ランナーズシットアップ

冬トレ下半身編

クイックフットラダー

6週目 2/15〜19


相手やボールなど、高速で動くものに反応し素早く対応をする。「目で見て判断して行動に移す」という作業は競技中に何度も繰り返されます。瞬間的な判断や動き出しのスピードを高める「リアクショントレーニング」は、コンマ数秒の差で勝負が決まるスポーツには欠かせないことです。今回は、リアクションスピードはもちろん、反応からの正確な動作までをトレーニングする動画を紹介します。ウォーミングアップにもオススメですよ!


瞬間視を鍛えてみよう

ハンドアイコーディネーション

テニスボール3個キャッチ

ボールバウンドキャッチ

ハンドアイコーディネーション

5週目 2/8〜12


一瞬の判断と素早い動作が常に求められるスポーツでは、“身の回りの状況を認知して、最適なアクションを起こす”つまり「クイックネス」や「アジリティ」の要素が欠かせません。日々の地道なトレーニングやフットワークの成果を実際のプレーに結びつけるためにも、多方向への動きや反応(リアクション)などをトレーニングに取り入れてみましょう。ゲーム性が高いトレーニングは、クイックネスやアジリティの能力を高めてくれるとともに、「遊びの要素」も含まれるので、楽しみながらトレーニングを行うことができます。


スラロームジャンプでアジリティ強化

マーカーを使ったアジリティ

リアクショントレーニング

リアクショントレーニング

ピックアップアジリティ

4週目 2/1〜5


球技スポーツにおいては、多様なフットワークやスタート動作が数限りなく実践され、それらの動きを状況に合わせて使い分けていくことが求められます。様々なステップを体で習得すること、そしてそれらを素早く・正確におこなっていくことがフットワークを高める一つのポイントです。


横方向へのオープンステップ

横方向へのクロスオーバーステップ

フットワークの種類と使い分け

ステップワークと方向転換

横に早く動くフットワーク

3週目 1/25〜29


一歩目の爆発的なスピードやパワフルな切り返しを手に入れるためには、瞬間的に力を発揮していくための筋力やパワーの他にも、「いつ・どのタイミング」で「どの方向」に「どれくらい」の力を伝えていくのか、といった力発揮のタイミングや調整が必要です。体幹・股関節を中心に全身を連動させて爆発的に動ける体を手に入れましょう!


地面を押すスウェイドリル

骨盤の安定性を高めよう

スタート姿勢を改善しよう

ヒッププロジェクション

シンアングル(スネの角度)

2週目 1/18〜22


動きを複雑に、しかもよりダイナミックに動くスポーツでは、体のコントロールと合わせて動的柔軟性や体幹が必要になってきます。毎日のプリパレーションタイム(準備運動)や補強トレーニングとしてオススメのトレーニングを集めてみました。コツコツと取り組むことで柔軟性や体幹は向上します。冬の期間にしっかりトレーニングしましょう!


股関節周辺のストレッチ内側

股関節周辺のストレッチ前側

上半身の柔軟性向上ストレッチ

準備運動で行うエクササイズ

冬トレ体幹股関節編

1週目 1/11〜15


相手やボールの動きに合わせて様々な方向に動く球技スポーツでは、体の向きや姿勢、動く方向、スピードの緩急といった、その状況に応じて「自分の思ったとおりに体が反応し、動く能力」が求められます。今回は、体のコントロール能力を高めるオススメトレーニングを紹介します。省スペースで楽しみながらできるトレーニングです。ぜひ実践してみてください。


ハンドアイコーディネーション

姿勢を改善するエクササイズ

足から落とさず寝返りチャレンジ

リズムジャンプトレーニング

眼の動きのトレーニング

問い合わせ先 TEL 048-527-1977 営業時間 9:00-17:00(土日祝休)

PAGETOP
Copyright © 株式会社 クレーマージャパン All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.